読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー非正規女性ヤママユ子のブログ

リーマンショックで正規雇用にありつけないまま20代後半なった女のあれこれ

派遣先の責任者に歯向かったらもう終わり?

ヤママユ子である。

先日派遣先の責任者に噛みついた件で思わぬ方向に事態が動いている。
噛みついたと言っても、納得行かない人事について説明を求めただけなのだが、私も頭に血がのぼり、
2年半我慢していたものが爆発してしまって売り言葉に買い言葉、そして何より泣きながら話していた現場を何人かに目撃されていたことが大きい。

冷静になってから出勤するも後の祭り。
尾ひれ背びれ腹びれ尻びれがついて噂が一人歩き。だから女の職場は嫌だ。

なぜか私が悪者のようで、仲が良いと思っていた仲間にすら、責任者に謝っておきなよとかよく出勤できるねとか言われる始末。


そこでようやく気付く。派遣先の責任者とやりあったことが致命的であることを。
私には私なりの正義があってした行動でも、他人から見ればただの空気の読めない派遣だ。

なにも言わず我慢すれば良かった、と思う一方で、
筋の通らないことに意見できたことは後悔していない。

けど、行きづらいなー明日からも仕事。
行くけど。

もうこうなれば私には信頼できる人間は職場にはいない。
このタイミングで辞めればいかにもだし、ゼロ(いや、マイナス)になってしまった派遣先からの信頼をまた勝ち取るほかない。
ここにもう長くいるつもりはないが、退社するときは一人でも多くの人に惜しまれたいではないか。

そして私がいなくなれば人手不足の売り場はどうなる?壊滅的だ。
どんなに私が辞めたくとも、お客さんに罪はない。


こういう自己犠牲も意味がないからやめたい。
だが派遣社員なんて自己犠牲の精神がなければ続かない。

私は皆のためにと思って仕事をしていた。
私の人生の中では、月給10万円の仕事が、とても大切なものに見えていた。


ああ、くそ、ひどい気分だ。
ひとりきりの夜に私はお酒も飲むことが出来ない。