読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー非正規女性ヤママユ子のブログ

リーマンショックで正規雇用にありつけないまま20代後半なった女のあれこれ

怪談は作り話であってほしい

ヤママユ子は極度の怖がりだ。
幼い頃から心霊だの怪談だのが苦手だ。

しかも前に働いていた店の店長がいわゆる「見える人」で、
やれ掃除用具入れのところに女がいるだの
やれ今も背後にいるだの恐ろしいことを言う人だったものだから、私のビビりはどんどん激しくなった。

0時を回ったら極力風呂には入らないし、
旦那が夜勤のときは怖い夢を見る。
テレビの心霊特集は絶対見ない。
なのにネットでWeb怪談を見てしまうのだ。
ここ数日間ずっとである。
ベッドの中で怪談を読んでは激しく後悔し、作り話であってほしいと願うのだ。
我ながらばからしい。しかしやめられない。
ちなみにここまでの怖がりだが今まで霊を見たことはただの一度もない。
金縛りは何度もあるが…

恐怖感というのは暑いとか痛いとか、そういう生理現象のようなもので、無理に抑えられるものではないと私は思っている。
恐怖感でいっぱいになりながら、無理に寝ると朝になって体がガチガチに痛い。
しかし恐怖感はだいぶなくなっていて、オバケだ何だと考える間もなく旦那のお弁当作りに入る。
旦那を見送ると家に一人残され、自分も仕事であればさっさと身仕度して出勤、怖い話などさっぱり忘れてしまう。
休みの日であれば家事を始める。オバケは怖いが、風呂場のぬめりやお金の心配のほうがよっぽど怖い。

そんなこんなで昼間は平気なのだが、夜になるとまた昨夜と同じくらいの恐怖感に襲われ、ついスマホで怪談を見る…



今日は仕事の話から離れてこんなくだらないブログ。
休みの日も仕事のこと考えちゃうけどね。
そんな必要もない仕事なんだろうな。私の仕事なんて。私には大切だけど。