アラサー非正規女性ヤママユ子のブログ

リーマンショックで正規雇用にありつけないまま20代後半なった女のあれこれ

結局自宅安静

ヤママユ子は切迫早産で自宅安静になった。

とは言え仕事を休み始めて1週間足らずで子宮頚管の長さもお腹の張りも良くなり、あと1週間もすれば仕事復帰もできそう。

診断名切迫早産で母健連絡カード(妊婦用の診断書みたいなもの)が出ていて、派遣会社がそれを受けるとかどうか確認して折返し電話くれるそうなんだけど…来ない…。
ていうかふつう会社側から提出を求めるものなんでないのか?傷病手当とかの関係もあるだろうし。

仕事を休むしても派遣先と派遣元とメーカーすべてに電話して同じ話しなきゃならないのが地味にいや。
派遣先もメーカーも大丈夫?とは言ってくれるけど明らか迷惑そうだし。いや、実際迷惑かけてるんだけど。
今までの妊婦さんは仕事やれてたのにあなたはやる気ないの?みたいのは本当につらい。私だって好きでこんなふうになってるわけじゃない。

愚痴ばっかりで申し訳ない。

来週仕事復帰しても来月半ばには産休に入るので、仕事するのは残り10日もないけどね。
最後に這ってでも仕事行くけど引継ぎする相手はどうせ決まってないんだろうな。

あーあ。
あーあ。

このままじゃ入院

お腹の張りが酷くて、子宮頚管も短くなってきてる

あと3ミリ短くなったら入院だって
でも安静とも何とも言われないし今日も仕事行ったけど。。

なんかあとから後悔しそうだな

ウテメリン

ヤママユ子のお腹はいよいよ大きくなってきた。


妊娠ってもっとキラキラして楽しくて、お買い物にも行っちゃって爽やかマタニティライフ!みたいなのを想像していたが
何度も書くように妊娠してから今日までずっと体調が悪い。

しかしお腹の子は毎日モコモコ動いて可愛いと思うし、どうにか無事に産んでやりたいと思う。
バカでも何でもいいから健康でいて欲しいと思う反面、きっと産まれてしばらくしたら「○○高校に入れたい」「××大学に入れたい」って始まるんだろうな。
勉強の楽しさは教えてあげたい。


1ヶ月ほど前からお腹がカチカチに張るので医師に相談して、子宮頚管長測ってもらったり何だり。
最初は漢方薬で様子を見てたんだけど相変わらずカチカチなので、早産予防のお薬を飲むことになった。
母子共に心臓がドキドキしたり手が震えたりと副作用はあるものの、早産してしまうのは困るのできちんと飲んでいる。


職場にももちろん報告してあるが、変わらず私は一人で店頭に立っている。そしてお腹が張る。
明後日また診察なのでしっかり見てもらうけども。

そろそろ旦那も心配しているので、予定より1週間ほど早く産休に入ろうと思う。
数千円でも多く稼ぎたいけど。でもさすがに今回は体調優先。

すると出勤するのもあと1ヶ月ほどなのだが、未だに後任が決まっていないらしい。
募集はどうやらかけているようなのだが応募が来ないのかいい人がいないのか?
ただ給与などの条件はかなり厳しいので、やりたい人は絶対少ないだろうなという感じ。
時給少し高く設定してでも募集してください!とメーカー側は百貨店に言っているようだけど、百貨店側は人件費に関して渋っているようだ。
うーん。店員いなくなったら売り上げゼロになるんだからそれよりはマシだと思うんだけど?


ちょっぴり専門職なので、メーカーの研修も東京や大阪で泊まり込みで受けないといけないから(私は当時独身だったので楽しく研修してきたが)早めに人は決めないとお客様に迷惑がかかるのだけれど。。
ちなみに研修にいくのにも交通費は満額出ないような百貨店である。


ちなみに私の働くメーカーだけでなく向かいの売り場もレジも一人ずつ足りない状態なので本当にスカスカ。




私がつわりで苦しんでるうちに旦那がサクサク打ち合わせを済ましていたようで、気付いたらアパートを出ていく日取りが決まっていた。
祝、新築。ローン通ってよかった。35年後の自分たちから借金。くらくら。

派遣社員妊婦の権利

ヤママユ子は相変わらずである。
あなたのまわりの派遣社員は人間としての権利を守られているだろうか。



という冗談はさておき、今回は私も受けられる制度について。



派遣社員のみにとどまらず、パートさんや契約社員など非正規でも最近は産休育休を取ることができる。
それを知った時は衝撃だった。なんて素晴らしい権利なんだ。厚生年金払ってて良かった。と。


産休育休を取れる条件については詳しくは自身で調べたり会社に聞いたりするのが確実ではあるが、ざっくり言うと
・同じ会社で1年以上働いていて
・且つ育休明けすぐに契約更新終了が明らかでないこと
みたいな感じ。


やはり大きいのは産休手当と育休手当である。
育休手当は会社に在籍していないと受け取れないが、産休手当は「出産予定日の6週前」まで在籍していれば退職しようがなんだろうが受け取れるらしい。
私も最初はそれが目的だったのだが、派遣会社側から育休制度を使って欲しいと言われて今に至る。

産休育休の手当金についても調べればすぐに出てくるが、産休手当は出産予定日の前6週~後8週の間給料の3分の2程度が支給される。
育休手当は最初の半年は給料の67%、残りの半年は50%が支給されるらしい。

とは言え前にも書いた通り私の手取りは少ないので、67%貰ったとしても10万もいかないのだが、それでもあるのとないのとでは全く違う。


数字の話は向いていないのでこのへんで…


ところでこのような制度をきちんと取れている非正規の女性はどれくらいいるのだろうか。

妊娠を告げたところでそれとなく、時にはっきりと退職を促される人の方が多いのではないだろうか。
もしくは体調が悪くて仕事を続けられない人もいるだろう。

また、これは私にもあてはまるのだが、もとの現場に復帰できない可能性が出てくる。

正社員であれば産休中は補填の非正規が入るなりまわりがフォローするなりしてもとの仕事に戻れることが多いだろう。
子持ちになって部署が変わることはあるだろうが、勤める会社自体が変わることはない。

しかし私が産休に入ったあと、逆にその穴に「派遣先側の社員」が採用されることがある。
その場合は私にもとの現場に戻る意志があってもちろん戻れない。
まったく違うデパートや商業施設に派遣される可能性があるのだ。

もとより私はあの現場に戻るつもりはない。
人間関係にほとほと疲れた。

そして向こうも私のように派遣先に噛みつくような派遣社員はいらないだろう。


ただ、仕事内容、これだけは本当に好きだからつらい。



明日から妊娠7ヶ月。
体重は1キロも増えておらずおなかも目立たないのでほとんど妊婦と気付かれない。
つわりは続いているし頻繁に張りがあるので薬を貰っている。
明日は電車で出張。すこし心配だけど産休まで2ヶ月だから頑張る。

頭おかしくなりそう

妊婦なのはわかるけどもう少し仕事できないの?みたいな空気になってる
座ってばっかりでうごかない、他の売り場の対応してほしいって他のメーカーのひとがいうらしい
ヤママユ子さんってもうすぐ産休入るからってやる気ないのかな?って言うらしい
複数のひとに言われてるらしい


直接私に言ってこいや


悪口じゃなくてマユ子ちゃんのために言ってるらしいよって

だったら直接私に言ってこい


だいたい他の売り場の対応って契約外だからな
3年間やってきたけど最後までやれってか
もう疲れたよ
立ってたらお腹カッチカチに張るんだよ
そんで私が切迫早産になったら
自己管理がなってないとか言うんでしょ

やる気がなかったらとっくに辞めてます!やる気があるから産休までやるんです!って言ってみたけどぶっちゃけこんな状態でやる気も何もない。
可能なら明日から行きたくない。
すごい不謹慎だけど医者から自宅安静か入院か指示されたら仕事行かなくていいのにとすら思う。

そもそももう辞めるんでしょみたいに思われてるけど産休育休だからな
復帰するかもな
私はあの現場は一生やだけど

ちなみに私あと2ヶ月でいなくなるけど後任決まってないらしいから。
人手不足で頑張ってね。はい。

性格悪いと思われても構わないわ。
前の職場では手厚く送別会やってもらえたけどいまのところは音もなくいなくなりたいわ。

いなくなりたい

つかれた

この子は誰にも望まれてないみたいに思わせられる

こんなに宝物なのに

おうちに帰ってきたら、仕事なんて行かなくていいよって優しい旦那

職場なんて大嫌いなのに私の生活を支配する

辞めたあともずっと引きずるのもわかってる

つらい
なくなりたい

お腹のなかには

ヤママユ子は体重が1キロも増えない。
六ヶ月になったが、普段着でいると妊婦であることにまず気付かれない。

でも私のお腹のなかには、幸せ、世界一の幸せが詰まっている。
仕事がいやでも、それだけで頑張れる。気がする。

妊娠するだなんて思ってなかったな。
人の親になれるんだろうか。
幸せだけど本当は不安ばかり。

お客さんの言葉

ヤママユ子はまわりの社員たちとの会話がどんどん減っている。

まわりも育休後私が今の場所に復帰しないと気づき始めたのだろう。今の現場はフルタイムでしか仕事がない。
そうなれば私のような人間と無理に仲良くしようと思わないのは自然なことだ。

さみしいな、つらいなという感情はもちろんある。
一方で、私は友達作りのためにここにいるわけではないとも思う。
年の近い派遣の女の子も辞めちゃったし。

帰りの車の中で、お腹でもこもこ動く子供になぜか申し訳なくなる。
こんな母ちゃんでごめんね。でも、母ちゃんがんばる。

だけどそんな中何の打算もなく私に普通に話しかけてくれる人たちもいる。感謝。

私はもう、騒がず焦らず、あと3ヶ月を蛹のようにじっとやり過ごすだけ。
そう思うと少しらくになって、手帳の日付に斜線を引いてカウントダウンする日々だ。


マタニティ制服の私に気づき、大事にしてね、つわりは大丈夫?とお客さんにしばしば声をかけてもらえる。
そしてたまに、常連さんから、「辞めちゃうの?」と聞かれる時がある。
最後にヤママユ子さんに施術してほしいな、と私の出勤日に予約してもらえることもある。
そんなとき、私は、ああ、私はここで働いててよかったんだ、よかったんだ、ってすごく思う。


相変わらず体調は悪い。
帰ってきたらくたくたで何もできない。
でも、明日も頑張ろう。